◆頑丈な屋根にはカバー工法がいい。

種別:屋根工事

【工事日誌】

古くなったカラーベスト屋根の補修工事は解体費や処分代を考えると既存屋根の上に葺くカバー工法が安価です。しかし、工事前には屋根の下にある母屋や垂木が腐っていないかを良く確認し、もし腐食が見られるようなら添え木等をして金物で固定することが必要となります。今回の工事では腐食した垂木(10本程度)を交換し、補強しました。
カバー工法は補修できないくらいに下地が傷んでいる屋根に採用すると返って家を弱くします。

【★価格について★】

●実例写真館の参考価格には、材料代と製品代そして標準工事費が含まれておりますが、「家の状態」や「現場周辺の状況」などによって価格は変動します。参考価格を目安に、お見積りのご依頼をされることをお勧めしています。



耐震リフォームプランニングメイトのメニュー

耐震リフォームTOP